上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校ダンスフェスティバルで全24回中7回も優勝し、世界一にも二度輝いている
福岡大学附属若葉高校ダンス部の皆さんが 8月25日 被災地公演で 山元町に来てくださいました

2013年1月に放送になった「世界一のSHOW TIME」で獲得した賞金から
高校生のボランティアサークル"虹"に テントとアンプ を寄贈していただきました
s13 08 25_6883
テントにダンス部員からのメッセージ
そしてアンプ
s13 08 25_6900

演技しているのは高校生かもしれませんが その芸術性や表現力は
無料で見せてもらうのが申し訳ないと思わせるほどのものでした
狭いステージにフィットさせて演技するのは とても大変だったろうと思います
s13 08 25_6964

以前に被災地を訪れたとき 忘れられた帽子にインスピレーションを得た作品
s13 08 25_6975

若さと情熱と 練習に裏打ちされた演技
たびたび訪問した被災地で感じたこと 被災した人たちの声を受け止めた思いが 表現されていました
拍手が鳴り止まず 予定外のアンコールも
s13 08 25_6990

ダンス部の皆さんへお礼の気持ちを込めて 山元町の歌を作り隊も演奏させていただきました
「この町で」を会場にいらしたほとんどの方が歌っていたこと
ダンス部顧問の松尾先生が「この町で」に振り付けをしたいと言ってくださったこと
どっちも嬉しーーーい!!!

s13 08 25_7010

昔 ジャズバンドの人に
「歌をうたう人は 歌詞があるけど 楽器は音だけで表現しなくちゃいけない」
と言われたことを思い出しました。

ダンスで表現することも とてもとても難しいことでしょう
それでも 伝える気持ちと 伝えたい想いがあれば 伝わる!
そのことにチカラをもらえた気がします

若葉高校ダンス部の皆さん また山元町に来てくださいね!
次に会うときまで あなたたちのダンスに 圧倒されることのない自分になっていよう
若さだけでなく(笑)

ありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト
  山元町でーす!(」゚O゚)」

  山元町の物産品を販売しています ぜひお立ち寄りくださーい(」゚O゚)」

8月23・24・25日の3日間 仙台市の中央通りにある 東北ろっけんパーク をお借りして
山元町のPRをしてきました

s13 08 24_7018

s13 08 24_7013

ぶどう液 りんごジュース こんにゃく 奈良漬け トマト パプリカ とうもろこし ミョウガ
リンゴ 桃 ジャム 万能たれ クッキー などなど
s13 08 24_7022

チャリTシャツ アクセサリー・ストラップ各種 CD などなど 
s13 08 24_7021

朝取りカブトムシもw
s13 08 24_7014

そんなに安くないのね という声もいただきましたが(;^^A
"復興にお力添えください価格" ということで ここはひとつm(_ _)m

  山元町でーす(」゚O゚)」

みんなで呼び込みをしました 山元町ラブの気持ちを込めて
気持ちを込めすぎて 毎日 近隣のお店から 苦情がきました(^o^;)

山元町に住んでいました! という方もずいぶんいらっしゃいました

離れてしまっても 大好きだと思っていて欲しいから
わたしたちは 声を出し続けるよ 何かをやり続けるよ

そんなわたしたちに Facebookを通じてチカラを貸してくださいました
遠く埼玉から そして仙台市内から・・・
ありがとうございました\(^o^)/

期間中 ろっけんパークにお立ち寄りくださった皆さん ありがとうございました

またろっけんパークでお会いしましょう! by 修次

えぇーーーまたぁ?!(@_@;)
関連記事
山元町の歌を作り隊の取材に 遊び隊の日に合わせて ミヤギテレビさんが来てくださいました

宮城県人なら よ~く知っている宗さんの OH!バンデス です

ベース担当の澁谷くんメインの話しになるかと思いますが ぜひご覧ください

放送は 8月8日(木)16:50から

s-130608_006.jpg


関連記事
8月4日(日) 遊び隊に合わせたような晴天の下 たくさんの子どもたちと 大人たちが 集まりました!

s-130804_003.jpg

今回の遊び隊は 全38団体(個人含む) 40を超えるブース 約300人のスタッフになりました

s-130806_000.jpg

ブース数が多すぎて 人の集まりが片寄ってしまうのではないか と心配しましたが

スタンプラリーの効果もあってか 子どもたちは満遍なく 体験してくれたようでした

s-55_original.jpg

ときには 大人の方が夢中になっていたり…

s-130804_014.jpg


まぁ今回も準備の段階からいろいろありました

そのたびに 目の前が真っ白になり 何度絶句したことでしょう…

まだまだ震災前の生活に戻ることもままならない中で 

かつてのような実行委員会を開くことさえ難しいことも 一因ではあります

ありますが、その原因の多くは 事務局長の名を語るひとのせいだったり(苦笑)



それでも 遊び隊当日に合わせて集まってくれる仲間たちが

行き届かないところは 知恵を出し 機転を利かせて 補ってくれます

そんな心強い仲間がいるから 続けてこられたんだと いつも思います

そして

心強い仲間は 県内はもちろん 日本中にいて

遊び隊をするなら行きます という支援に支えられ 大盛況で終えることができました

途中 大きな地震には驚かされましたが スタッフの皆さんが冷静に対処してくださいました


朝早くから準備して 暑くて 忙しくて 他のブースも見に行けないのに

こうしたほうがいい こうすれば良かった この次はもっと…

そんな反省や意欲が わいてくるのはなぜだろう

誰かが 「リベンジしたい」って言ってたけど その気持ちがよくわかる

隊長として 会場内を回るのが仕事になってしまったけれど

ブースを担当してるほうが ぜったい楽しい

やりたいアイディアが ひとつ浮かんでるから 来年はブースを担当するぞ

隊長は誰かがやってねーーー(*'O')w


ご協力 ご支援いただいた皆さん ありがとうございました

また来年 遊び隊でお会いしましょう
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。