上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-20131026

山元町でも坂元地区は津波の被害のとても大きかったところです
亡くなられたかたも多く 上を向いて少しでも笑えるひとときになればと
花火を上げようと始めた鎮魂祭です

今年で3年目 納めの回といたします

今回は再び高野山真言宗のご協力をいただき お焚き上げ供養を行います

鎮魂のメッセージ花火は 去年も一昨年も 雨でした
きっと 空の上にも届いて 泣いているんでしょう と誰もが思いました
今年もやっぱり雨かもしれません
たとえ雨でも 聞いてほしいメッセージです
悲しみや 辛さや 会いたい人に会えない想いを 共有してください

10月26日(土)会場:山元町立坂元中学校
午後3時から お焚き上げ供養
午後5時30分 花火打ち上げ


尚、メッセージ花火の申し込みは9月30日までです。

2011年11月5日の鎮魂祭
s-20111105_010.jpg

「この町で」のイメージ映像にも出てきますが、どこの歌詞だかわかりますか
s-20111105_013.jpg

2012年11月17日の鎮魂祭
子どもたちへバトンをつなぐのもわたしたちの使命
s-20121117_007.jpg

雨の中のメッセージ花火
20121117.jpg

関連記事
スポンサーサイト
9/28(土) 亘理町農村環境改善センター多目的ホールで
吉田東部地区まちづくり協議会主催 早坂文明老師講演会 にて演奏させていただきました
20130928亘理町吉田講演会

事前に 来場者の年齢層はわたしたちより大先輩世代だろうということを伺っていましたので
懐かしい曲を演奏しようということになり それならいっそメドレーにしようと
ヒミツのメドレー練習が始まりました

誰にヒミツか… 作り隊を影ながら応援している一部のファンにです(笑)

20130928亘理町吉田講演会3

セットリスト
1.まけないタオル
2.懐メロメドレー
3.この町で

懐メロメドレーから この町でへのギャップは すごいです
でも 印象としては「この町で」が 残ってくれたはず と信じています
同じように津波の被害にあった人たちだもの・・・

力を合わせ未来へ この町で共に生きよう
関連記事
イーグルスというチームがきっかけで たくさんの観戦仲間ができた
優勝したら泣いてしまうかも と思っていたけど 思い出すのは仲間たちとのこと

s-KIF_0011.jpg 2005年4月フルキャストスタジアム宮城

rakuten_menbers.jpg 初年度ファンクラブ会員証

その仲間たちとの9年間の スタジアムの中や外でのエピソードを思い出しては 泣き笑い
TAO.jpg

球団じゃなく イーグルスというチームを 選手を応援しようと思ったのは
田尾監督解任のとき

ホントに強くなったね 優勝おめでとう!
でも勝っても負けても大好きだよ!
070508_00.jpg

関連記事
ぷちFM897 すみだリヴァー をご存じでしょうか
ごめんなさい わたしは知りませんでした 
こちらのFM局の N郎♪ON AIR ラベンダーな夜(木曜夜22:00~) に
山元町ゆかりのかたから 「この町で」を流して欲しい というお話があったそうです

そんなわけで なんと 明日9月26日(木)の放送で紹介していただけることになりました

聴けないよ~ と嘆くのは早計というものw
ユーストリームの配信もあります! 明日見逃してもアーカイブがあるから大丈夫
映像も見られるミニFM局なんですね

USTREAM サイト
http://www.ustream.tv/channel/ぷちfm897すみだリヴァー

同じ宮城県の被災地でも 気仙沼や南三陸はよく知られているけれども
山元町は被害が大きかった割に マスコミに取り上げられることも少ないので
こうした機会は 本当に有り難いことです!
関連記事
徳本寺の住職・早坂文明さんの講演会に 作り隊が出ます

s-DSC_0349.jpg

9月28日(土)午後1時30分から
亘理町農村環境改善センター 多目的ホールにて
無料です
何かと行事の多い秋の日ですが いらしてください


より大きな地図で 亘理町農村環境改善センター を表示

関連記事
9月16日(祝) 台風18号が宮城県に再接近する という日でしたが
イオンモール名取エアリでの グランド・ジェネレーション(G.G)ライブに出演させていただきました!

s-130916_000.jpg

メンバーのひとりKaoriちゃんが台風のせいで出られませんでしたが
たくさんの方に聴いていただきました

セットリスト
 1.大空と大地の中で
 2.恋
 3.木蘭の涙
 4.言葉にできない
 5.この町で

フリーのお客様の足を止めさせたのは 子どもたちの歌声と
「あ・り・が・と・う」というメッセージボードのせいだったかもしれませんが(笑)
山元町のこと 震災のこと 感謝の想いは
まだまだ伝えていかなければならないと 歌うたびに思います

s-20130916_エアリ3

台風のせいで足止めになったという 鹿児島からの方の暇つぶしにも一役買ったみたいです(笑)
「来て良かった!」とCDも買っていただきました

s-20130916_エアリ1

次のライブは 9月28日(土)亘理町農村環境改善センターで 13時30分からです


メンバーの Tomoya Shibuyan とわたしの三人は YOJO-BAND にも入っているので
この日はダブルヘッダーでした
s-20130916_エアリ4 リハーサルの様子
セットリスト
 1.心の旅
 2.ジョニーの子守歌
 3.いちご白書をもう一度
 4.あの頃のように(original)
 5.遠くで汽笛を聞きながら

今回の作り隊のライブ出演は YOJO-BANDのYOJOさんに声を掛けていただいて実現しました
YOJOさん ありがとうございました\(^o^)/
写真を撮ってくれた TOYOさん 応援に来てくれてありがとうございました
関連記事
2013.09.19 坂元中学校で
9月14日(土)山元町立坂元中学校の文化祭・坂中祭がありました

坂元中学校はわたしの母校でもあります
でも今の校舎は 移転新築されたので 懐かしさがありません(笑)
それでも今回は PTAの方々に「この町でを地域の人と歌いたい」と言っていただき
母校の文化祭に出る というそれはそれは特別な日になりました
わたしにとって坂中祭は音楽の原点
こうして音楽しているのは 坂中祭で友だちと歌ったのがきっかけだったことを思い出し
ノスタルジックになったのでした(笑)


当初は この町でのイメージ映像に合わせて歌う という予定でしたが
作り隊が伴奏しましょう
吹奏楽部も一緒にやれませんか?
やりましょう!

でも時間がないし 中学生たち大丈夫かなぁ という心配と不安もありました

坂中祭の本番に向けて 9/10の全体練習の様子
s-13 09 10_7465

s-13 09 10_7464

10日の練習のときには 吹奏楽部のみんなが ここまで出来ているとは思っていませんでした
一週間前に楽譜をもらったなんて思えないみんなの頑張りにただただ感心と感動
本番がとても楽しみになったのでした

そして迎えた本番では 生徒の皆さんはもちろん 地域の皆さんと歌うことができたことに幸せを感じました
ステージからざっと見渡しただけでも 200人の方はいらしたのではないでしょうか
その全員が 歌っていたのです 想いを込めて
曲を作った者として 一緒に歌ってくれているということほど嬉しいことはありません

後輩たちに伝えられることは この町が大好きだ ということだけです
その思いにいつか応えてくれる日がくることを 先輩たちは楽しみにしています

s-13 09 14_7454
秋空のもと 坂中生が屋台の呼び込みなどをして 賑わっていました
ありがとう 卒業生として誇りに思うよ
関連記事
わたしは どらごえサークル といううたごえのサークルで混声合唱をしています
どらごえサークルでも「この町で」を歌いたい 歌って欲しい と思い 混声四部に編曲しました

そして 7月21日イズミティ21で行われた「みんなでつくる歌声広場」という合唱発表会で
銅賞と創作賞をいただき 11月に大阪で開かれる「日本のうたごえ祭典」に出場することになりました

PhotoGrid_1375493026409.jpg

震災のあった2011年は千葉の日うたへ 去年は広島へ そして今年は大阪と
3年連続での全国大会出場です

震災以前は 特に評価されなくてもいい という気持ちでした
楽しく歌えればそれでいい と言いながら
評価されて酷評されたらどうしよう というような弱気な思いもあったように思います

それが 震災を機に 以前より熱心に練習するようになりました
仲間と会えることの喜び 声を合わせるという幸せ そんな当たり前のことが大切に思えたからだと思います
歌に励まされ 歌うことで元気になれることを実感し 熱心に練習することで 自信も欲も出てきました
どらごえらしさを保ちつつ もっとうまくなりたいものです
s-13 07 21_7597


そんな定例の行事をこなしつつ…
去年の10月 兵庫県の多可町から 女声コーラスのフィオーレ の皆さんが山元町に来てくださり
どらごえサークルとジョイントコンサートをする機会に恵まれました

多可町から山元町へ1年間 復興支援で派遣されていた浦川さんのご縁でもあります
浦川さんは 派遣期間の間 町民と交流したいと どらごえサークル に入会したのでした

以下は去年のジョイントコンサートの様子です
s-DSC00017.jpg どらごえサークル

s-DSC00031.jpg フィオーレ

「またいつか一緒に歌えますように」と再会を約束していましたが
その機会がなんと早くも8月に訪れたのでした!

s-20130831_多可町1 s-20130831_多可町2

渡邊修次さんと共に多可町での講演とミニコンサートの場を与えていただきました
浦川さんと再び思い出の曲を歌うことができ
多可町の皆さんへ直接お礼をお伝えできたことを有り難く思います
 
s-130831_012.jpg

s-130831_115.jpg

山元町を遠く離れたところで歌う「この町で」は どらごえのメンバーにとっても
いつも以上に思いが溢れていたようです

s-130831_087.jpg

s-130831_104.jpg

フィオーレの皆さん、多可町の皆さん ありがとうございました
これからも 音楽を通じて交流を続けていきましょう

追記。
帰ってきた次の日に 多可町が豪雨被害でテレビに映ったときは いてもたってもいられない気持ちでした
前日に見てきただけに 川や街並みが思い出され とても心配しました
 



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。