上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台風27号はなんとかそれてくれたものの 朝から降ったり止んだりの雨
雨はどうにかなっても 風が吹くかも
風が強くなったら花火は中止・・・
天気が好天することを信じてはいても 不安と心配は尽きませんでした

s-131026_003.jpg
高野山真言宗東日本大震災災害対策本部の皆さん
雨の中お焚き上げ供養の準備

s-131026_011.jpg
供養開始の3時にはすっかり雨が上がりました
s-131026_013.jpg

s-131026_016.jpg

s-131026_021.jpg
角田市藤尾地区子供会育成会の皆さんの手作りによるキャンドル

本来なら外で鎮魂イベントを行う予定でしたが 降り続いた雨の影響もあり 体育館で
s-131026_026.jpg
坂元小4年生による「子ども神楽」
「子ども神楽」は 中浜神楽保存会と坂元神楽保存会の方々の協力でつくった オリジナルのもの

s-131026_034.jpg
坂元小3年生による「子どもおけさ」
坂元地区に伝承されている「坂元おけさ」という民謡を 坂元小のためにアレンジし 振り付けたもの

坂元小5年生と6年生による合唱
坂元中吹奏楽部の演奏 と進み
山元町の歌を作り隊+吹奏楽部+山元ホップステップのコラボによる「この町で」
konomaitde.jpg

外に会場を移して 風雲乱打舞による和太鼓演奏
s-131026_052_20131106153006a65.jpg

太鼓の演奏に合わせて花火の打ち上げも始まりました
s-131026_052.jpg

風が煙りを適度に流してくれる絶好の花火打ち上げとなりました
s-131026_073.jpg

贈られるメッセージの名前に 故人を思い出し
ご家族の切なる想いや 友人たちの思いやりあふれるメッセージに涙しました

s-131026_072.jpg

s-131026_064.jpg
イチゴの復興を願って イチゴの花火も!

s-131026_076.jpg

s-131026_078.jpg

少しでも上を向いて笑ってもらいたいから 花火をあげたいと思いました
あれから3年 たくさんの方のご支援と ご協力をいただきました
そのご支援とご協力がなければ出来ないことを毎回痛感しました
「ご迷惑をかけてすみません」と言ったときに
「こういうのは迷惑って言わないんだよ、声を掛けてくれてありがとう」
そう言っていただいた言葉に救われてきました
たくさんの皆さんの温かい心が この町にはあります
また皆さんの力をお借りして 違う形で鎮魂のイベントを開くことを
空の上にいる人たちに約束します

全ての人に 全てのことに 恵まれました
本当にありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト
なんとか台風はそれていきそうです
天候の回復と共に 風の心配もありますが
なんとか花火が打ち上げられますように
空の上のみんなも待っているんだから…

310261-WID.jpg

たくさんの方のご協力の下に開催することができる鎮魂祭
だからこそ 簡単に中止にはできません

関西から高野山真言宗の方々がいらして お焚き上げ供養をしてくださいます
蔵王町からは 大根が届きました
その大根を煮付けてくれる おばさま方がいます
町内の商店 企業からの協賛もあります

そしてUstの配信をしていただけます! 

番組視聴ページURL
http://www.ustream.tv/channel/sakamoto-daisuki

当日の14:00〜配信開始予定です

運営側だけでなく 当日会場へ来てくださるかたみんなと作り上げる鎮魂祭
事故やケガのないよう 最後まで皆さんのご協力をお願いします

離れていてもみんなの願いがひとつになりますように

... 続きを読む
関連記事
亡くなった方への鎮魂と 傷ついた郷土の復興を願い 力を合わせて未来へ繋いでいきましょう
この町が大好きだから

追記
朝から雨の場合は イベントは体育館で行います
台風直撃でない限り 花火は延期しても イベントは行います!
蔵王町からは ダイコンや卵の差し入れがありますので 温かいおでんで お・も・て・な・し(笑)
天気が悪いときこそ みんなで盛り上げましょう

s-2013鎮魂祭_ちらし

毎年開催にはいろいろと苦労がありまして
今回は特に 次から次へと難題が…
こんなに頑張っているのに やめろということなんだろうか
最後と決めた年に 花火を上げられないのか

どうしてだろうと考えました

もしかしたら
「今回で最後」「今年でおしまい」「来年はやりません」
そう言っていることに 空の上の人たちが拗ねているのかも

花火を上げるようなことは もうしないかもしれないけど
あなたたちのことは 忘れません
いつだって 忘れていません
ずっとずっーと 忘れませんから 鎮魂祭が開催できるよう 無事に終わるように 力を貸してください
台風も来てますから お願いしますよ


関連記事
10月20日(日)
山元町勤労青少年ホームで ロビーミニコンサートがありました
 [主催 山元町教育委員会生涯学習課]
 [運営協力 山元町の歌を作り隊」

s-131020_055.jpg

s-131020_002.jpg 早苗ちゃんのwelcome演奏

s-131020_016.jpg Kan & Sherry

s-131020_024.jpg 山形は村山市から 斎藤洋志くん 

s-131020_056.jpg 洋志くんの兄SS & Sherry

s-131020_050.jpg Sherry with AraKAN2


作り隊は 隠し球の「懐メロメドレー」を演奏♪
年配のお客様が多かったので ウケてました… と思います
懐メロメドレーは 今後も力を入れていきますwww

コンサート終了後に 声をかけていただいたかたが
なんと N郎♪さんのブログで 作り隊のことを知ったという町内の方でした!
町内でもまだまだだな(;´д`)と思った次第です(笑)
それにしても まさかのN郎♪さん繋がりでした
N郎♪さん いつも番組で取り上げていただきありがとうございます


関連記事
10月5日は 山元町立山下第一小学校の 学習発表会の日でした
3年生は 「この町で」を手話付きで歌うと 担任の阿部先生から聞いていましたが
残念ながら聞きに行くことはできませんでした
s-131020_009.jpg

そして後日 3年生11人からのメッセージと DVDが届きました
s-131016_007.jpg

子どもたちからのメッセージには
最初に「この町で」を聴いたときに 震災で亡くなった友だちのことを思い出して悲しかった
ということが書かれていました
あの震災がなければ あの年に一緒に入学したはずのふたりの友だち…
悲しい 会いたい と綴っていることに
子どもたちに つらい思いをさせてしまったと 申し訳ない気持ちになりました
でもそれは 子どもたちが 歌詞の意味を理解しているということであり
そのことに感心し とても感動しました

s-DSC_0419.jpg

阿部先生からは 最初は泣いていた子どもたちが
歌っているうちに 少しずつ変わっていったと聞きました

 この町で生きている この町で生きてゆく この町でもう一度 歩き始めよう

子どもたちの中で人気の高かったフレーズです
あの日から小さな肩にたくさんのものを背負ってしまいました
それでも 悲しみや辛さを昇華して 友だちの分も生きていこうという子どもたち
これからの未来が 笑顔あふれることばかりでありますように

関連記事
2013.10.16 テレビ収録
NHK BSプレミアムきらり!えん旅の収録が山元町でありました
旅人は 歌手の石原詢子さん
勤労青少年ホームの音楽室で 作り隊が練習中のところへ石原さんがやってきて…

放送は 12日(木)午後30分からの予定です

全国放送で「この町で」が流れる?!
ホントかしら…
疑り深いわたしです(笑)

石原さん ありがとうございました
s-131015_002.jpg
Sherryが都合で参加出来ませんでした、残念(>_<)


 
関連記事
山元町の災害臨時FM局りんごラジオで 作り隊のレギュラー番組 が始まります!
レギュラーだけど不定期です(≧▽≦)

メンバーのSherryが静岡に単身赴任中のこともあり 週末にしか時間が取れません
それなのにほとんど毎週帰ってきて ライブに出たり 作り隊の練習やら打合せやら…
もちろんレコーディングのときもそうでした(;´д`)

そういう事情もあり 月1回のペースで続けられたらと思っています
生放送というわけにはいきませんが ナマっぽく収録しております(笑)

s-20131006_ラジオ収録3 ナマっぽくない写真でしたw

山元町の歌を作り隊がつくる不定期レギュラー番組『ここにいるよ』
記念すべき第1回は 10月11日(金) 15:00~15:30の放送です!
   りんごラジオロゴ
   http://ringo-radio.cocolog-nifty.com/
サイマルラジオで 世界中で聴けます http://www.simulradio.jp/

s-20131006_ラジオ収録2
s-20131006_ラジオ収録1

ぜひ感想をお寄せください
皆さんの反応次第では月2回になるかも?!
そこが不定期レギュラーのいいところ\(^∇^)/






関連記事
「歌で町のひとを元気にすることは出来ないだろうか」
そのTomoyaの呼びかけで集まった6人は
曲のアイディアを出し合い 伝えたいことを書き出し 構成を考えました

「オレの頭の中で鳴ってるんだ」とアレンジに走りがちなTomoyaを
ときに制止し ときに同調し ダジャレにも付き合い(笑)
「最終的に決めるのはTomoyaだから」という
全員了解の元での制作作業の末にできあがった「この町で」
喧嘩もせずに よくまとまったものだと思います

2012年10月20日の発売からまもなく一年
CDは4千枚に届くところとなりました
山元町の総世帯数が4千6百強なので 一家に一枚あるようなものです(笑)
実際は 町内より県内外に渡っている方が多いかもしれませんが
 ※8/31現在 人口13,377人 総世帯数4,640戸


いまでも歌詞に気持ちが入りすぎて 歌えなくなることがあります
目頭を押さえる人たちを見るたびに あの震災の大きさや 背負った悲しみの重さを痛感します
歌っても歌っても伝えたいこと 届けたい想いは一年前と変わりません

CD発売からちょうど一年目の 1020日(日)は
山元町勤労青少年ホームでのロビーコンサートに出演します
町内のエンターティナーの皆さんと楽しいひとときを過ごしましょう
時間は 12:00から14:00まで
無料です

s-130930_000.jpg 2012/10/20撮


そして追記
10月20日の同じ日 作り隊代表のTomoyaは 徳本寺住職の早坂文明さんの法話にピアノでサポート
  テレホン法話ライブ 14時から 徳本寺本堂にて(山元町坂元) 入場無料

そんな訳で この日のロビーコンサートに Tomoyaはいません
Tomoyaファンの方は ロビーコンサート経由で徳本寺へお願いしますヽ(*^^*)ノ

houwalive7.jpg

関連記事
直前のお知らせになってしまいましたが
10日(日) JR常磐線山下駅通りの のぞみセンター でミニコンサートがあります
14時~16時 入場無料 どなたでもどうぞ!

    ~ プログラム ~
          司会・岩崎孝司  ピアノ・小林康浩
  1.みんなで歌いましょう
  2.あなたが主役のコンサート
    特別ゲスト・どらごえサークル「混声四部この町で」を歌います♪
    ハーモニカ演奏・佐藤徳夫(白石)
    歌・林茂雄(亘理)岩崎孝司(岩沼) ほか [楽器演奏や歌の飛び入り大歓迎]
  3.みんなで歌いましょう
    みなさんからのリクエストを受け付けます
  4.終曲
    ふるさと
          ((都合によりプログラムを変更する場合があります))

  主催 みんなで歌い 演奏披露する会


みなさん お気軽においでください(^▽^)/
関連記事
ぷちFM897すみだリヴァーの N郎♪ON AIR ラベンダーな夜 で 9/26に「この町で」を紹介していただくことは 前にお知らせしました

N郎♪さんには 「この町で」をとても丁重に取り上げていただきました
そしてたくさんのリスナーさんから 反響がありました
わたしのブログにも コメントを寄せてくださいました
N郎♪さんのブログに 「この町で」を紹介してくださっているリスナーさんのブログ一覧があります
N郎♪さん リスナーの皆さん 本当にありがとうございます

でも一番に感謝しなければならないのは
「この町で」をかけて欲しい と番組にメッセージを送ってくださった
lilacさんです ありがとうございました!!

ラベンダーな夜番組アーカイブがありますので 削除される前に ぜひご視聴ください
(約1か月で削除されてしまうそうなのでお早めに)

CDのお求めについては こちらで 案内しています
関連記事
10月12日(土) 午後2時から 名取市文化会館
名取復興支援音楽祭 が開催されます

s-DSC_0355.jpg s-DSC_0358.jpg

出演は
尚絅学院大学の生涯学習センター受講生有志の皆さん
名取市及び仙台市の仮設住宅に住む有志の皆さん
そして 宮城県内の地域合唱団の皆さん です

山元町の地域合唱団として どらごえサークル も出演いたします!
どらごえは混声四部の「この町で」を歌いますが
合同合唱では 作曲家の小林康浩さんが編曲してくださった 二部合唱の「この町で」 を歌います

その合同合唱の練習会が 9/29の日曜日にありました
ほとんどが初めて顔を合わせる人たちでしたので 作り隊のことも全然知らないであろうと思います 
そんな知らない人たちが歌う「この町で」に 不思議な感覚で聴き入ってしまいました
自分たちの歌が 違うものになったような 手を離れたような
その不思議な感覚はすぐに わたしたちの歌を歌ってくれているという 感動に変わりました
二部合唱バージョンも これからたくさんの人に歌われていくといいな

どらごえの混声四部、合同合唱の二部合唱を聞き比べに来てください(笑)
どらごえのピアノ伴奏は (Pf)編曲者でもある作り隊のSanaeちゃんが弾いてくれます
入場無料です
次の日13日には 兵庫と宮城の高校生による吹奏楽・合唱コンサートもあります
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。