FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.04 3/1鹿児島で
鹿児島は思ったより暖かくなく、みんなが当たり前にダウンを着ていました(笑)
この日も曇り空で、今にも降りそうな寒い日。
それでも菜の花やポピーが咲いていて、田んぼには草も生えていてwww
あったかいんだか、寒いんだかよくわかりません、鹿児島(^_^;)
s-20150301_000.jpg

鹿児島に行きたかったのは、知覧に行ってみたかったからです
広島、長崎、沖縄、そして鹿児島(知覧)に行くことを自分に課していました
小田さんはそのきっかけを作ってくれました

バス停で、時刻表を見ている女性に
「知覧行きはここでいいんですか?」と尋ねたら
「わたしも旅行者です」と言われてしまいました(^^;)
「わたしも知覧に行きます、もしかしたら小田さんのコンサートで?」と聞かれ
「はい、そうです!」と、またしても小田さんファンと出会えました。

「どちらからですか?」と聞かれ
「仙台です・・・」
「わかります、兄が青葉区に住んでいます。わたしは横浜からなんです」
おぉー、東日本の人の「せんだい」は「仙台」に脳内変換されるね!

バスを待つ間、小田さん話しで盛り上がり、知覧の話しに
彼女もわたし同じように
「小田さんがきっかけを作ってくれて、ありがとうなんです」
と言っていました
バスに乗ってからはお互い別々に座り、
彼女は武家屋敷でバスを降りました
お互い名前も名乗らず、愛しい一期一会でした

s-20150301_021.jpg

鹿児島中央駅から特効観音入り口まで、バスで1時間半
峠越えをするような不便なところなのに、と思いましたが
航空基地としては地理的に沖縄に一番近いため、
沖縄戦の最前線基地として、特攻隊の半数近くが知覧から出撃したそうです

s-20150301_019.jpg

s-20150301_020.jpg
今はまだ蕾も堅い桜並木

s-20150301_018.jpg
知覧基地は、現在使われている地方空港より広い敷地だったそう
桜の咲く頃に見てみたい気がします

s-20150301_009.jpg
もともとは大刀洗陸軍飛行学校の分校として開校
十代後半から二十代前半の若者たちが沖縄に向かって飛び立っていきました

s-20150301_011.jpg

s-20150301_015.jpg

s-20150304_000.jpg

凛々しい少年たち青年たちの遺影と
遺書に込められた母や家族への情愛と死に往く覚悟に胸が痛みました
千余名の若者たち、名も無き幾千幾万の戦死者たちの命を無駄にしてはいけないと強く強く思いました
彼らが息子、娘、妹、弟、そしてわたしたち後世に生きる者に託したものは
戦争のない誰もが自由に生きていける日本

たくさんの犠牲となった命の上に、生きているということを忘れない

亡くなった人のためにわたしたちが出来ることは
生きていたそのことを忘れないこと
犠牲を払って教えてくれたことを再び繰り返さないこと

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamamotoasobitai.blog.fc2.com/tb.php/116-06141763
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。