上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あるゲームデザイナーの挑戦から考える「ゲームのちから」

こちらも先日の遊び隊に取材に来てくださった ゲームのちからで世界を変えよう会議の石村さん の記事です

石村さん、先の日記のICJの吉沢さん、服部さん

そして何より 今回謎解きゲームをプロデュースしてくださった ゲームデザイナーの澤田さん に感謝です


澤田さんは ふところの深いフレキシブルな方という 普通のビジネスマンとは違う印象でした

フレキシブル というのは イベントを開催する上でとても重要なこと!

イベントは どんなにきっちりスケジュールをたてても 不測の事態が起こるものなのです

準備万端のつもりでも 何か抜けていたり 忘れていたり 当日いるはずの人がいなかったり!!

バカボンのパパ いなかったことのある人(爆)

とにかくそこでテンパっていては イベントの運営はできません

澤田さんから 当日はひとり体制で来ると聞き 何かアクシデントがあっても大丈夫な人と確信いたしました(笑)

謎解きゲーム・ストロベリー探偵団 の企画は 子どもたちを惹きつけ 例年にない人出になりました

ありがとうございました

s-130505_strawberry_thankyou.jpg こちらこそ ありがとう なのでした

澤田さんの希望も わたしたちの願いも これ一度きりのお付き合いではない ということ

町のことを知る 町の良さを発見する 仲間づくり 協力 世代間交流 などなど

そういう様々な狙いも 謎解きゲームには入れ込むことができる という可能性を感じました

ゲームのちからで世界を変える・・・

その世界は 自分の世界かもしれないし あなたの知らない世界かもしれない(笑)

町おこしになれば 本当に世界が変わるかもしれません

わたしにとっては 自分に関わる人たちと この小さな町が すべての世界ですが(笑)

澤田さん 楽しい田舎づくりに これからもチカラを貸してくださいね


遊び隊を通してたくさんの人と出会い

本当にたくさんのご支援と ご協力をいただいております

わたしたちと一緒に 楽しんで参加していただけますよう

これからもよろしくお付き合いください

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamamotoasobitai.blog.fc2.com/tb.php/12-88d55d36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。